東京のVIP向けクリニック「ずさん経営」の末路

東京のVIP向けクリニック「ずさん経営」の末路

超都心のVIP向け病院の末路

東京のVIP向けクリニック「ずさん経営」の末路

倒産したクリニックは東京・京橋の中心地にある高層ビルに入居していた(写真:kash*/PIXTA)

「今日をもってこの法人は解散。従業員の方は全員解雇となります」

東京都中央区京橋。JR東京駅からほど近い超都心の高層ビルの24階に入居していたクリニックでは、2019年9月末、業務終了後に40人余りの従業員が突然集められていた。戸惑う従業員に向かって、クリニックの理事長や弁護士が告げたのが冒頭のせりふだった。

「ついにXデーがやってきたんだな、と」。

それまでに異変を感じていたある従業員は、当時のことをそう振り返る。クリニックを運営する医療法人は9月20日に破産手続きを開始。帝国データバンクによると、負債総額はおよそ9億円に上った。

■多額の投資でつまずく

1月6日発売の『週刊東洋経済』は「病院が壊れる」を特集。再編を迫られる公立病院や経営難に陥る民間病院の今を追っている。

倒産したクリニックは、医師のI氏が中央区日本橋の小舟町で1996年に開業し、2018年5月に京橋へ移転した。 

I氏は内視鏡医としての評判が高かったといい、移転前の日本橋時代から内視鏡検査がクリニックの収益の中心になっていた。1件数万円で、大腸や胃の検査を請け負っていた。またビジネス街に近いという場所柄、企業の健康診断を多く手がけていた。

さらに、「ANK免疫療法」という、免疫力を活性化させてがんを治す治療を行っていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)