45人殺傷の「植松聖被告」が直面する裁判と現実

45人殺傷の「植松聖被告」が直面する裁判と現実

知的障害者入所施設「津久井やまゆり園」で45人が殺傷された事件の初公判で、傍聴整理券を求めて並ぶ人たち=8日、横浜市中区(写真:時事通信社)

神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月に、入所者ら45人が刺され、うち19人が死亡した事件で、殺人罪などに問われた植松聖(さとし)被告(29)の初公判が、1月8日に横浜地裁で開かれた。

犯行以来、髪を切っていないという植松被告は、腰のあたりまで伸びた髪を束ね、黒のスーツに紺のネクタイ姿で法廷に姿を現すと、罪状認否で裁判長から、起訴状の内容に間違いがないか、と問われて「ありません」とだけ小さく答えて、すべての殺傷行為を認めた。そうなると、裁判の争点は責任能力の有無に絞られる。

弁護側は、大麻の乱用によって、犯行時は薬物性精神障害の影響による心神喪失もしくは耗弱にあったと主張する。心神喪失なら無罪、耗弱なら減刑が見込まれ、極刑はまずない。

一方の検察側は、捜査段階での精神鑑定で「自己愛性パーソナリティー障害」とされたことから、刑事責任を問えるとして起訴している。

■被告が突如暴れ、休廷に

その罪状認否の直後だった。

弁護人が意見を述べた後、発言を促された植松被告は、「皆様に深くお詫びします」と、初めて謝罪の言葉を口にすると、いきなり前屈みになって、両手を口の中に押し込む行為をとった。

横浜地裁によると、右手の小指を噛み切ろうとするものだったという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)