500年続く「キリスト教同士の抗争」根深い背景

500年続く「キリスト教同士の抗争」根深い背景

同じキリスト教徒でありながら、カトリックとプロテスタントが対立する理由とは(写真:ShaunWilkinson/iStock)

多くの日本人が抱く“宗教”への素朴な疑問。中でも「カトリックとプロテスタント、同じキリスト教徒同士なのになぜそんなに対立するの?」にスパっと答えられる人は意外と少ないのではないでしょうか。『あなたの教養レベルを劇的に上げる 驚きの世界史』の著者、尾登氏にキリスト教の対立について歴史を流れとともにわかりやすく解説してもらいました。

■なぜカトリックとプロテスタントは対立するのか

宗教改革とは、中世末期から起こったキリスト教会改革運動です。1517年、教皇レオ10世が販売した贖宥状(しょくゆうじょう)に対し、ドイツの神学者マルティン・ルターが「95箇条の論題」を発表してローマ教皇を批判。これに賛同する人たちがルター派(プロテスタント)を結成してこれまでどおりローマ教皇を奉じる人々(カトリック)と自分たちを区別し、対決姿勢を強めました。

このカトリックとプロテスタントの対立は、17世紀以降に大規模な宗教戦争につながっていき、近代国家の枠組み自体を変えていくことになります。

キリスト教になじみの薄い日本人には「同じキリスト教徒なのになんでそんなに対立するの?」とあまりピンとこないかもしれません。

その答えは、中世のキリスト教徒にとって信仰は「生きること」そのものを意味したからです。

生活をするうえでのさまざまな慣習、価値観、祝祭日や暦などはすべて宗教によって決まっていました。生活のありとあらゆる事柄が宗教の規範によって成り立っているので、「社会」も宗教間で異なることになります。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)