熟年離婚から3カ月で再婚した63歳のリアル

熟年離婚から3カ月で再婚した63歳のリアル

熟年離婚から再婚に至った63歳「母」の現在とは?(イラスト:堀江篤史)

35歳以上で結婚した「晩婚さん」を月2件ペースで訪ね歩いている本連載。始まったのは2014年の夏なので、すでに5年以上も続けていることになる。夫婦で登場してくれた人たちを含めると160人以上の晩婚さんと語り合ってきた。

「私の結婚ストーリーなんて平凡で……」と謙遜する人もいるが、必ず味わい深いドラマがあり、興味が尽きることはない。

多種多様な晩婚ケースを収集してきた自負はある。しかし、親子ともに晩婚で、娘の後に母親が結婚したという事例は初めて遭遇した。母親のほうは再婚である。

■長年の不満と疲労が原因で熟年離婚に至った

今回登場してもらうのは、昨年末の掲載記事に登場してくれた上村由里さん(仮名、38歳)のお母さんだ。

由里さんが社内の組合を通じて「組合婚」を果たしたのが2018年の初め。その後、母親の野ア澄江さん(仮名、63歳)が結婚相談所に入会し、3カ月後に現在の夫である学さん(仮名、68歳)と出会って結婚を決めた。現在、母娘2組の新婚カップルで旅行を楽しんだりしている。

東京駅の八重洲口方面にある喫茶店で待っていると、由里さんに付き添われて澄江さんが来てくれた。笑顔が自然かつ魅力的で、ボブカットもはつらつとした印象を受ける。こちらに気遣いをしてくれつつも、自分の意見をはっきりとたくさん言う女性である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)