米中貿易合意のカギ握るアイオワ州の重要意義

米中貿易合意のカギ握るアイオワ州の重要意義

1月15日にホワイトハウスで行われた署名式の様子。左が中国の劉鶴(リウホー)副首相。右がトランプ大統領(写真:ロイター/アフロ)

アメリカと中国の両国が「第1段階」の通商合意の調印式を1月15日にホワイトハウスで行った。この背景には、トランプ大統領にとっても習近平国家主席にとっても「因縁の大地」ともいえるアイオワ州が深く絡んでいる。前編記事:『「第1段階の米中合意」に透ける習近平の因縁』

■選挙戦においても重要となるアイオワ州

トランプ大統領の再選はあるのか、今年は4年に1度のアメリカ大統領選挙の年にあたる。その年に、真っ先に党員集会が行われるのがアイオワ州だ。他州に先を越されるくらいなら、前年に開いても構わないというほどにこだわりを持つ州で、アメリカの穀倉地帯の中心にあたる。

しかも、このアイオワ州はいわゆるスイングステイトにあたる。共和党、民主党の支持率が拮抗して勝利する政党が変動し、そのまま大統領選を左右する。4年前、2016年の大統領選では、共和党のトランプ候補が51.1%、民主党のヒラリー・クリントン候補は41.7%の得票率だった。

そのアイオワ州のミシシッピ川の畔にある小さな田舎町に、当時31歳の習近平・現中国国家主席がホームステイしていたことは、前編に書いた。

「マーク・トウェインの小説が気に入って、ミシシッピ川を1度見てみたかった」

当時のホストファミリーにそんな衝撃的な言葉を告げている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)