積水ハウスが今、アメリカ事業を強化する理由

積水ハウスが今、アメリカ事業を強化する理由

「CES 2020」会場内の様子(筆者撮影)

アメリカ・ラスベガスで1月7〜10日(現地時間)「CES 2020」が開催された。家電や自動車、通信、映像などさまざまな分野に関して、GoogleやAmazonなどのグローバル巨大企業からベンチャー企業まで、幅広い展示が行われる世界最大級の民生デジタル技術展示会。今回も世界中から約4500以上の出展者が集まったとされている。

各出展者の展示品やサービスの中には、優れた先進的なアイデアが盛り込まれているもの、「世界初」のものなどといった特徴あるものが多く、これからの世界や社会の変革に寄与するとみられるイノベーションを、間近に体験できる場である。

日本企業では、トヨタ自動車が人の暮らしを支えるあらゆるモノやサービスがインターネットによってつながる実証コネクティッド・シティ「Woven City(ウーブン・シティ)」を発表。静岡県裾野市に来年着工するといい大きな話題となった。

■「世界初」のシステムを発表

さて、大手ハウスメーカーの積水ハウスはCESへの出展など、今、アメリカでの企業活動を積極化させている。CESには前回から出展。その際に「わが家を世界一幸せな場所にする」「『人生100年時代の幸せ』を住宅によって実現する」といった目標を掲げた「プラットフォームハウス」構想を発表した。

その中で、安心・安全や快適性の追求といった従来の取り組みに加え、この構想では健康や(家族や友人などとの)つながり、学びなどに関する生活サービスを開発し、長期にわたり居住者に提供するという、住生活ソフトを重視する独自の姿勢を打ち出した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)