「欠損なき人間」はいない!世界を「金継ぐ」方法

「欠損なき人間」はいない!世界を「金継ぐ」方法

堀道広さんが金継ぎした皿。2019年3月5日(撮影:筆者)

「金継ぎ」をご存じだろうか。食器などの割れた器をつなぎ合わせる技術が、密かなブームとなりつつある。なぜ今、注目を浴びているのか。昨年上梓された『分解の哲学―腐敗と発酵をめぐる思考』(青土社)で、2019年サントリー学芸賞を受賞した藤原辰史氏が、その背景を探る。

■破片のつなぎ目に宿る味

「生産」でも「消費」でもなく「分解」という言葉を用いて自分が生きる世界を描き直すというわたしの執筆プロジェクトの取材のために、世田谷にある堀道広さんの作業場に伺ったのは2019年の3月だった。

研究室を埋め尽くすうんざりするほどの量の書物を読みあさる中で、割れた器をつなぎ合わす金継ぎ(もしくは金繕い)という技術に、心がひかれるようになったからである。堀さんは、『青春うるはし! うるし部』などの作品とその独特の絵柄からすでに多くのファンを獲得している漫画家であり、金継ぎ部というワークショップを主宰し、金継ぎの技術を人々に伝える漆職人でもある。

拙著『食べるとはどういうことか』(農山漁村文化協会、2019年)で表紙と挿絵を担当いただいたご縁で、堀さんの作業場を訪れる機会に恵まれた。そこには、たくさんの金継ぎされた器があった。

古来、中国や朝鮮半島から輸入された陶器は船で輸送時に割れることが多く、日本列島にはそれを漆で継ぎ合わせるという技法が発達した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)