ラグビー日本のメンタル変えた女性の凄い手法

ラグビー日本のメンタル変えた女性の凄い手法

2015年ラグビーW杯イングランド大会の際、メンタルコーチの荒木香織さんがチームの宿泊先で日本代表選手たちと撮った一枚(写真:荒木香織さん提供)

2019年のスポーツ界を席巻したラグビー日本代表。W杯初のベスト8で熱くなった人たちが「もう試合は見られないの?」と嘆いた「ラグビーロス」が解消される日がやって来た。1月12日、国内最高峰のトップリーグが開幕したのだ。

6会場で実施された8試合で、計11万6737人の動員数を記録。昨季の同リーグ開幕戦動員数(8万3719人)を3万人超上回り、今なお高いラグビー人気を示した。

日本代表はもちろん、W杯を機に他国のスター選手も躍動。「ブームではなく、文化に」が、今回活躍した代表選手たちのスローガンだ。

■前回大会を踏まえて進化を遂げた「ONE TEAM」

「今まで、2015年の前回大会で見られなかった変化を感じている。ベスト8と成績が上回ったので当然と言えるかもしれないけれど、今回は人々の興味が選手個人よりもチーム全体に向けられていると思う」

そう話すのは、エディー・ジョーンズ前ヘッドコーチ(HC)のもとでメンタルコーチを務めた、園田学園女子大学教授の荒木香織さん。

アメリカを代表するスポーツ心理学の権威らのもとで8年間研鑽を積み、その知見でラグビー日本代表を支えた。アジア南太平洋スポーツ心理学会副会長を務める、スポーツ心理学における日本の第一人者だ。

言われてみれば、前回大会では「五郎丸ポーズ」で知られる五郎丸歩選手ばかりにスポットが当たった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)