おっさんと住む元アイドルの揺れ動く「結婚観」

おっさんと住む元アイドルの揺れ動く「結婚観」

元SDN48の大木亜希子さん(写真左)と能町みね子さん(撮影:風間 仁一郎)

恋愛感情がいっさいないゲイの夫との「結婚」と言い張った同居生活をつづった新刊『結婚の奴』を上梓した能町みね子さん。人生に追い詰められた元アイドルによる実録私小説『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』の著者、大木亜希子さん。恋愛感情のない異性と住むという境遇の似た2人が昨年12月27日、東京・代官山の「代官山 蔦屋書店」でトークイベントを開いた。

人生を変えるような恋愛だの結婚だのは無理だが、ひとりは嫌だ――。互いにぶつけ合った人生・仕事観や恋愛・結婚観とは?

■オジサンと住むことに抵抗感は?

能町 みね子(以下、能町):大木さんの新刊に登場する同居人の「ササポン」って何者なんですか?

大木 亜希子(以下、大木):58歳のサラリーマン男性で、眼鏡をかけた小日向文世さんのような人です。どこにでもいる、電車の中で目の前に座っているような50代男性です。ルームシェアがはやっていた1990年代後半ごろ、8歳上の姉がもう1人のルームメイトと3人でササポンと同居しており、姉からの紹介で住むことになりました。

能町:オジサンと住むことに、抵抗はなかったんですか?

大木:自分は誰かと住んで人間らしい生活をすることが必要であると感じたのです。それまで芸能界でしか生きてこなかったので、会社員として働けば、キラキラOLになれるのではないかと思っていました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)