「au三太郎」の自由なCMが今年も1位獲得の強み



スタートラインに一列に並び徒競走をするかと思いきや、桃太郎(松田翔太)以外はスピードも方向もまったくバラバラ。川には大小さまざまな桃がたくさん流れ、光る竹の中から親指姫が現れるなど、昔話の設定もお構いなしの自由奔放さ。最後は全員が「みんな、自由だ。」と書かれた旗の前で思い思いの方向を指さしてポーズを決めるというストーリーだ。

CM好感度調査のモニターからは「ポジティブな生き方をしようと思う」「みんな幸せそうに自由に過ごしていていい気分だった」といった感想が寄せられ、人々の背中を押すメッセージが好評価を得た。

2位には大みそかまで放送された日清食品『どん兵衛』のCMがランクイン。星野源演じる男性がこたつでうたた寝をする“どんぎつね”(吉岡里帆)に年が明けてしまったとうそをついて、からかうストーリーだ。「年越しも、年明けも。」のコピーでそばとうどんを合わせて訴求した。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)