「性差別発言をやめない」日本の政治家の非常識

「性差別発言をやめない」日本の政治家の非常識

このほど「政治家による性差別発言のワースト投票」の結果が発表されました。散々、問題視されているにもかかわらず、政治家たちが差別的な発言を漏らすのはなぜなのでしょうか?(写真:時事通信)

1月11日、大学教授らで作る市民団体「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」が、「政治家による性差別発言のワースト投票」の結果を発表しました。3820人が最大2票を投じることができる投票キャンペーン。まず、順位とそれぞれの失言を見てみましょう。

■政治家たちの性差別発言

1位 麻生太郎副総理兼財務大臣・衆議院議員の発言 2588票(34.1%)

「(日本人の平均寿命が延びたのは)いいことじゃないですか。すばらしいことですよ。いかにも年寄りが悪いみたいなことを言っている変なのがいっぱいいるけど間違ってますよ。子どもを産まなかったほうが問題なんだから」

2位 安倍晋三内閣総理大臣・衆議院議員の発言 1765票(23.2%)

「お父さんも恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して投票箱に足を運んで」

3位 平沢勝栄衆議院議員の発言 866票(11.4%)

「LGBTで同性婚で男と男、女と女の結婚。これは批判したら変なことになるからいいんですよ。もちろんいいんですよ。ただ、この人たちばっかりになったら国はつぶれちゃうんですよ」

4位 三ツ矢憲生衆議院議員の発言 844票(11.1%)

「この6年間で吉川有美(参議院議員)は何をしてきたのか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)