リスグラシュー年度代表馬に見るJRA賞の裏側

リスグラシュー年度代表馬に見るJRA賞の裏側

2019年の有馬記念を制したリスグラシュー(写真:伊藤 康夫/アフロ)

2019年度JRA賞授賞式が1月27日に都内のホテルで行われる。毎年華やかな雰囲気の中、前年に活躍した競走馬の関係者が集まる舞台だ。

2019年度JRA賞選考委員会が1月7日に開かれ、年度代表馬にリスグラシュー(牝6、栗東・矢作芳人厩舎)が選ばれた。12月22日に中山競馬場で行われた新元号令和初のグランプリGT第64回有馬記念を5馬身差で圧勝。GT馬11頭の超豪華メンバーの中で頂点に立った。

現役最強馬と見られていたアーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)との最初で最後の対決を制した。リスグラシューは2019年に5戦3勝。宝塚記念と有馬記念のグランプリGTを同一年で連勝したのは史上10頭目で牝馬では史上初めて。オーストラリアに遠征し日本調教馬として初めてコックスプレートを制覇した快挙もあった。

■圧倒的多数の票を獲得したリスグラシュー

JRA賞は記者投票で決まる。中央競馬の記者クラブに通算3年以上加入し年間を通じて中央競馬を取材した記者・会友か、東京競馬新聞協会または日本競馬新聞協会に加盟する競馬専門紙各社の1社当たり5人の記者。記者クラブ加入社は一般紙やスポーツ新聞の記者、放送局のアナウンサーや取材者が対象となる。

各部門で全体の3分の1の票数を集めれば自動的に選出される。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)