韓国の街並みに見えた「青年失業地獄」の断面

また、韓国では毎年、最高気温が30度を超え始める5月になると、夕方から屋外でビールを楽しむ人々の姿が目立ち始める。代表的なおつまみはチキンだ。韓国ではよく、これを「チメク(チキンとメクチュ〈ビール〉の造語)」と言って楽しむ。

■韓国人はケンタッキーよりチキン専門店

2013年ごろ、銀行系の研究所が韓国にあるチキン専門店の現状を調べたところ、総数は3万6000余に上った。非登録の店やチキン以外の料理も出す店も合わせると、総数は5万を超えるという指摘もある。世界中のマクドナルドの店舗数を上回る数字なのだという。

おかげで、この国では日本のように「フライドチキン=KFC」という発想がない。クリスマスイブにKFCに客の列ができたところを見たこともない。チキン専門店があふれているから、KFCに韓国人の目が向かない。

競争も厳しい。街を歩けば、すぐにチキン専門店にぶち当たる。たいていの店が深夜まで営業し、配達もするなど、業態も似たり寄ったり。最近の10年間で新たに5万店以上が新規参入したが、チキン専門店の「平均寿命」は3年にも満たない。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)