2兆ドルを運用、投資のプロが語る今年のテーマ

2兆ドルを運用、投資のプロが語る今年のテーマ

ニューヨーク株式市場はダウ平均が高値を更新している。写真は2019年11月4日(写真:ZUMA Press/アフロ)

2020年の金融市場はアメリカとイランの報復合戦により波乱の幕開けとなった。しかし、足元では落ち着きを見せ、アメリカ株は史上最高値を再び更新している。日本株も昨年秋からの回復トレンドは崩れていない。

2019年は米中貿易摩擦に翻弄される1年だったが、終わってみれば世界的に株価は大きく上昇した。アメリカの連邦準備制度理事会(FRB)による3度の予防的利下げや欧州中央銀行(ECB)による量的金融緩和再開、そして米中摩擦の改善期待が2019年の後半以降の市場ムード好転をもたらしたといえる。

2020年はアメリカ大統領選という大イベントを控えるほか、米中摩擦や中東情勢、イギリスとEUの通商交渉など多くの波乱要因を抱えている。海外の有力投資家は今年のグローバルな投資環境や有望市場をどのように考えているのか。運用資産規模で約2兆ドルを運用するUBSグローバル・ウェルス・マネジメントのマーク・ハフェルCIO(最高投資責任者)に聞いた。

■大統領選の結果に賭けるのは早すぎる

2020年の投資を考える場合、3つのトピックスに焦点を置いている。第1に、11月のアメリカ大統領選が経済政策や税制にどのような影響を与えるか。第2に、第1段階の合意に至った米中貿易交渉が今後どのような展開をたどるか。第3に、財政・金融政策による景気刺激策が世界各国でどのような違いを見せるかだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)