「フェイクニュース」との正しい付き合い方

「フェイクニュース」との正しい付き合い方

トランプ大統領の登場後、フェイクニュースが大きく取り上げられるようになった。写真は2020年1月に全米最大の中絶反対デモで演説するトランプ大統領(写真:AP/アフロ)

SNSの普及に伴い、多様な情報が飛び交うようになった。その中には真実もあれば、うそもある。そんなうそのニュースを指す「フェイクニュース」は大きな問題となっている。

フェイクニュースが問題として大きく取り上げられるようになったきっかけが、トランプ大統領が誕生した2016年のアメリカ大統領選挙だ。アメリカのフェイスブックで大量のフェイクニュースが拡散され、トランプ氏に有利に働いたとされる。ロシアがアメリカの有権者に向けてフェイクニュースを拡散し、選挙に干渉したという疑惑も浮上した。2020年はトランプ氏の再選をかけた大統領選が行われる。

勢いが衰えないフェイクニュースにメディアはどのように対応していくのか。そんな中、イギリスの公共放送であるBBCは、世界中のフェイクニュースに関する情報や分析を集める「Beyond Fake News」というプロジェクトを立ち上げ、フェイクニュース対策で世界を先導している。

このほど来日したBBCグローバルニュースの責任者であるジェイミー・アンガス氏に、フェイクニュース問題について話を聞いた。

■予防接種を思いとどまらせる虚偽情報

――現在、世界が注目しているフェイクニュースは何でしょうか。

世界中でワクチンに関する問題が大きくなってきている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)