自衛隊が「領海侵犯やテロ」に対抗しにくい根因

自衛隊が「領海侵犯やテロ」に対抗しにくい根因

中東に派遣される護衛艦たかなみ(写真:240pikaru/PIXTA)

アメリカとイランの対立によって緊張が高まる中東に自衛隊が派遣された。多くの不安を抱えながら、1月11日には海上自衛隊のP3C哨戒機が沖縄の那覇航空基地から出発し、1月20日、アフリカ東部のジブチの拠点で任務に就いた。2月2日には護衛艦たかなみが横須賀基地を出港し、現地に向かう予定である。

P3C哨戒機60人、護衛艦たかなみ200人の合計260人の自衛官が、オマーン湾、アラビア海北部、バブ・エル・マンデブ海峡東側のアデン湾の3海域の公海で活動する予定であり、武力衝突が起きる可能性のあるホルムズ海峡やペルシャ湾は活動区域に含まれないと報道されている。





今回の派遣に先立つ昨年7月、アメリカは中東・ホルムズ海峡における安全確保を目的とした有志連合への参加を日本に求めていた。しかし、10月に日本は参加を見送り、今回の独自の自衛隊派遣を決定した。その後、アメリカは、イギリス、オーストラリア、サウジアラビア、UAE、アルバニア、バーレーンの7カ国で有志連合を構成し、バーレーンを司令部とする「オペレーション・センチネル」を始動させることを想定している。

日本がアメリカ主導の有志連合に参加しなかった背景としては、イランとの長年にわたる友好関係を鑑みイラン政府の理解を得ることにあったとされており、アメリカ・イラン双方に配慮したその政治判断は妥当であると言えるだろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)