外国人の疑問!なぜ「桜見」でなく「花見」なのか

外国人の疑問!なぜ「桜見」でなく「花見」なのか

(左)アン・クレシーニさんが(右)元NHKアナウンサーの宮本隆治氏に日本語の「なぜ?」に迫りました(写真:草野裕司撮影)

今年はオリンピックイヤー。日本政府観光局は、2020年の日本国内への外国人旅行者数の目標を4000万人としています。外国人との接点は増える一方。そんななか、日本や日本語のことを外国人に聞かれたら答えられますか?

普段、何の疑問もなく当たり前に使う母国語だからこそ「知らない」「間違いやすい」日本語を、外国人視点から楽しく再発見する『教えて!宮本さん 日本人が無意識に使う日本語が不思議すぎる!』。案内人は、見た目はヤンキー、中身は日本語オタクの外国人、アン・クレシーニ。博多弁を流暢に操る応用言語学者です。日本語指南役の元NHKアナウンサーの宮本隆治氏との笑えるやりとりに思わず引き込まれます。素朴な「なぜ?」に、あなたはいくつ答えられますか?

■なぜ「桜見」ではなく「花見」と言うの?

私の名前は、アン・クレシーニ。バージニア州出身のアメリカ人だ。自分のことをついアンちゃんと言ってしまう。今は、福岡県にある北九州市立大学で応用言語学を研究しながら、大学生に英語を教えている。

日本に住んではや20年。来日したころは、日本にも日本語にも興味が持てずに、引っ越しで隣人の日本人に「あの、その、……外人です」としか言えなかったっけ。そんな私がこんなにも、日本語と日本の魅力のとりこになるなんて、いったい誰が想像しただろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)