元TBS・58歳新人監督の「映画」が気づかせる幸せ

元TBS・58歳新人監督の「映画」が気づかせる幸せ

家族を知らない「孤児」たちが教育を受けることで人生の喜びと希望を獲得していくドキュメンタリーが伝えるメッセージとは?

2019年12月18日、神奈川県川崎市多摩区中野島のカリタス女子中学高等学校が開いたクリスマス会で、生徒と教職員1200人が講堂に集まり、ある1本の映画の上映会が開かれた。

作品名は『シンプル・ギフト 〜はじまりの歌声〜』。エイズで親を亡くしたアフリカ・ウガンダの子どもたちと、東日本大震災による津波で親を奪われた東北の子どもたちが力を合わせて歌や演奏、踊りに磨きをかけ、ミュージカルの本場中の本場、ニューヨーク・ブロードウェイの舞台に立つまでのプロジェクトを追ったドキュメンタリーである。

上映会からさかのぼること半年前の同年5月28日、登戸駅付近でスクールバスを待つカリタス小学校児童ら20人が殺傷された。事件に巻き込まれた幼い子どもたちが目にした光景、遺族の痛みと苦しみは計り知れず、系列校であるカリタス女子中学高等学校を含むカリタス学園の全生徒、教職員、保護者、卒業生など多くの関係者が大きな喪失体験に包まれた。

■「人は人とのつながりでしか悲しみは癒やされない」

この上映会自体は事件とは関係なく、それ以前から計画が進んでいたイベントではあったものの、「(『シンプル・ギフト』の中で描かれている)居場所を失くした子どもたちが、さまざまな方の協力を得てつながり、生きる力や自分の居場所を見つけていく姿に、人は人とのつながりでしか悲しみは癒やされないのだと思いました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)