日産がアメリカで陥った販売不振の深刻度

日産がアメリカで陥った販売不振の深刻度

ロサンゼルス郊外にある日産ディーラー。ローン金利を0%にする販売キャンペーンなど、あの手この手で顧客にアピールする(記者撮影)

「昨年の初めあたりからずっと販売が落ち込んでいて、来店する客数も目に見えて減った。今日だって土曜日なのに、こんな感じだからね」。全米第2の都市、ロサンゼルス。その東部郊外で営業する日産自動車販売店(ディーラー)の店長は、閑散とした店内を見渡しながら、諦め顔でそう語る。

日産の新車販売が低迷から抜け出せない。今2019年度の世界販売台数は、前年度比5%減の524万台と2年連続で前年を下回る見通しだ。成長を続けてきた中国での販売も減少に転じるなど、すべての地域で苦戦を強いられている。





中でもとくに深刻なのが、最重要市場である米国だ。19年(1〜12月)の日産の現地販売台数は前年比9.9%減の134万台と、2年連続で前年割れとなった。米国全需の1.2%減よりはるかに大きな落ち込みだ。同じ日系でもホンダは0.2%増、トヨタ自動車は1.8%減で、日産の不振が際立っている。

■ゴーン時代の薄利多売

アメリカの新車市場は2016年ごろまで、リーマンショック後の景気回復の過程で右肩上がりの成長が続いた。日産もカルロス・ゴーン元会長が主導した前回の中期計画(2011〜2016年度)で米国シェア10%を目標に掲げ、2011年度の108万台から2016年度には158万台まで販売台数を伸ばした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)