トヨタが新たな逆風が吹く中で示した自信

トヨタが新たな逆風が吹く中で示した自信

トヨタのルロワ副社長は決算会見で「これまでの取り組みが結実しはじめた」と語った(記者撮影)

米中貿易摩擦に新型肺炎の拡大――。中国に複数の拠点を持つ自動車メーカーにとって厳しい環境が続く中、堅調さが目立ったのがトヨタ自動車だった。2月6日にトヨタが発表した第3四半期決算(2019年4〜12月)は増収増益で着地。2020年3月期通期の業績予想は、売上高は29兆5000億円(前期比2.4%減)で据え置いたが、営業利益は2兆5000億円(同1.3%増)と従来の予想から1000億円引き上げた。

北米市場の中核であるアメリカについては、全体需要が1.3%減に対しトヨタの販売台数は1.8%減。だが、インセンティブ(販売奨励金)の抑制が効き、課題だった収益性が改善している。世界最大の中国市場は縮小が続き、2019年の総販売台数は8.2%減の2576万台だった。地場系や欧米系、韓国系の販売が苦戦している中、トヨタは2019年に9%増の162万台を売り、年初に掲げた販売目標160万台を達成。初めて日本の販売台数を上回った。

■中国で日産を抜いて日系メーカー首位に

「カローラ」や「レビン」、「カムリ」といった主力車の新型車販売が拡大に寄与し、2019年にトヨタは日産自動車を抑えて中国市場で日系メーカー首位になった。そして、今年初めの段階で2020年の中国での販売目標を前年比8.6%増の176万台としていた。

だが、2月6日の決算会見でトヨタのディディエ・ルロワ副社長は「新型肺炎という新しい問題が出てきて、そのインパクトは本当にわからない状況だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)