2つの事件でドイツ政局が不気味になってきた

2つの事件でドイツ政局が不気味になってきた

メルケル首相(右)の後継者の座を断念したクランプカレンバウアー氏(左)(写真:REUTERS/Matthias Rietschel)

にわかにドイツ政局が流動化している。この1週間で大きな事件が2つ起きた。1つが旧東ドイツ地域のチューリンゲン州での州首相選出にまつわる混乱、もう1つがメルケル首相の後継者をめぐる混乱である。前者は2月5日から6日にかけて、後者は週末を挟んだ2月10日に起きたものだ。2つの事件には因果関係がある。前者の事件が後者の事件のトリガーになった。

先進国で最長の在任期間(2005年11月〜)を誇るメルケル首相が退任するまであと1年余り。今後も同様の混乱が起きる芽があるため、ここで、ドイツの政局をめぐって起きたことを整理しておきたい。

2月5日、チューリンゲン州において極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持を得た州首相が誕生するという事件が発生した。歴史的教訓から極右勢力を忌避することが自明の前提とされているドイツ政界、ドイツ社会では極めてショッキングな出来事である。

ドイツでは、いずれの政党もAfDとは組まず、AfDにかかわるメディア露出も抑制されているだけに、今回の動きについて「歴史的タブーが犯された」と評する向きは多い。すでに同州では昨年10月の州議会選挙で左派政党(Die Linke)とAfDが躍進して、同州議会議席の過半数を握っており、危うい雰囲気はあった。また、ナチスが初めて閣僚を出したのも同州だったという因縁もあり、耳目を集めている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)