堀江貴文「お金を貯めるな、信用を貯めろ!」

堀江貴文「お金を貯めるな、信用を貯めろ!」

堀江貴文氏が「物々交換」との類似点を指摘するクラウドファンディングとは?(写真:SNS media&consulting)

「お金を貯めるな、信用を貯めろ!」

このように語るのは、現在進行形でさまざまなビジネスを手がける堀江貴文氏だ。

「1万円札」に「1万円分」の価値があると信じて疑わない日本人は大多数だろう。しかし、お金の「本質」を知らずにいては、必ずバカをみる。

今回、堀江氏が解説するのは「クラウドファンディング」。この広い世の中にはお金が余って仕方がない、という人もたくさんいる。そういう人たちからポンポン「投げ銭」してもらい、面白いビジネスにチャレンジしよう、というのだ。

氏の最新刊にして、マネーの教科書ともいうべき著書『99%の人が気づいていないお金の正体』から一部を抜粋して紹介する。

ニューヨークの街を歩いていると、どこの公園でもジャズミュージシャンやダンスユニット、パントマイムのパフォーマーなどがストリートショーをやっている。アメリカには寄付文化が根づいているから、通行人はニコニコ顔で1ドル札を投げ銭する。地下鉄に乗っていると、アコーディオンを弾きまくりながら車両から車両へと渡り歩き、なかば強引に投げ銭をもぎとろうとする猛者までいる。

日本では長らくこうした投げ銭文化が途絶えていた。

■クラファンで集めたお金でロケットが空を飛ぶ

しかし、2011年の東日本大震災をきっかけに、全国各地で募金や寄付がさかんになった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)