新型肺炎が「世界の自動車産業」に及ぼすリスク

新型肺炎が「世界の自動車産業」に及ぼすリスク

生産を停止した安徽省合肥市にある地場の自動車工場(筆者撮影)

中国湖北省・武漢に端を発する新型肺炎の影響が広がるなか、現地の日系自動車工場の再稼働期が2月下旬までずれ込み、広州・天津に立地する日系自動車工場の操業再開も2月17日以降に遅れるようだ。

また、中国から部品調達の寸断を背景に、日産の北九州工場、現代自動車やルノーサムソンの韓国工場、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の欧州工場の一次生産停止も報道された。新型肺炎の影響は中国国内にとどまらず、世界の自動車生産に波及し始めた。

中国自動車市場の拡大とともに、日米欧大手自動車部品メーカーが中国生産を強化してきた結果、中国はグローバルサプライチェーンの一翼を担っており、中国からの部品供給が滞ると、日本国内生産にも代替生産地の模索等の影響が生じるだろう。

■今や中国は「世界の自動車部品工場」

2020年2月12日時点、中国本土の患者が4万4000人、死亡者1100人超、感染者の濃厚接触者40万人(健康観察中)と国家衛生健康委員会が発表した。多くの都市では2月10日から企業の事業再開が許可されたものの、事業再開後の安全確保への不安、従業員の感染リスクへの恐れから、企業の生産活動が大幅に縮小せざるをえないだろう。

都市間の交通規制によりワーカー不足と物流分断に頭を悩ませるメーカーは少なからず、操業再開しても低い稼働率がしばらく続く見通しだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)