トランプと対峙する民主党有力候補4人に注目

トランプと対峙する民主党有力候補4人に注目

2019年12月19日、ロサンゼルスでの民主党候補者討論会。右からバーニー・サンダース氏、ジョー・バイデン氏、エリザベス・ウォーレン氏、ピート・ブティジェッジ氏(写真:共同通信)

4人にまとまってきた民主党大統領選挙候補者。外交では既存の国際秩序を重視する主流派の外交路線に加えて、「プログレッシブな外交」を掲げる勢力も力を伸ばす。

アメリカ国内および世界では、民主党有力候補の動きに注目が集まっている。

民主党予備選を見据えた全米の世論調査では、バイデン(Joe Biden)前副大統領、サンダース(Bernie Sanders)上院議員(無所属、バーモント州)、ウォーレン(Elizabeth Warren)上院議員(民主党、マサチューセッツ州)が長らく上位を維持し、いわゆる「トップ3」を形成してきた。

また、インディアナ州サウスベント市のブティジェッジ(Pete Buttigieg)前市長は、序盤に予備選が行われる州の世論調査で好位置につけており、この4者のいずれかが、本選挙でトランプ大統領と対峙する公算が大きくなっている(1月現在)。

これまで、民主党予備選に向けた党内議論では国内問題が大きな比重を占め、外交問題が主要争点となる場面は少なかった。しかし、トランプ政権によるイラン司令官殺害(1月3日)などをきっかけに、様相が一変する可能性もある。

こうした状況を念頭に、民主党有力候補の外交政策について、候補者間の違いや、トランプ外交との向き合い方に注目して概観してみたい。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)