佐藤浩市が振り返る「Fukushima 50」と3.11

佐藤浩市が振り返る「Fukushima 50」と3.11

「『最前線の現場の人たちにスポットを当ててやりたい』という監督やプロデューサーの気持ちが伝わった」と、出演した経緯を語る佐藤浩市氏 (撮影:ヒダキトモコ)

9年前の2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7に達する東日本大震災が発生。同時に発生した津波によって未曾有の危機にさらされた「福島第一原子力発電所内」では、死を覚悟して残った人々の名もなき作業員たちがいた。

そこで起こったことは何なのか? 福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将のノンフィクション作品『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫刊)を原作にする映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)が3月6日より全国公開となる。

空前のスケールで描き出した骨太の社会派ドラマのキャストには、佐藤浩市、渡辺謙をはじめ、吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤工、富田靖子、佐野史郎、そして安田成美ら、実力派キャストが集結している。

この映画の主演で、福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫役を務める俳優の佐藤浩市氏に、作品への思いや、撮影現場での様子について聞いた。

■「現場の人たちにスポットを当てたい」で始まった

――本作の制作決定が報じられた際に、角川歴彦・KADOKAWA会長が「2020年、“復興五輪”と銘打たれた東京オリンピック・パラリンピックを控えたこの時期にこそ、今一度、震災の記憶と向き合い、復興への思いを新たにする作品を世に問う。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)