気候大変動が地球と人類に与えうる「12の脅威」

気候大変動が地球と人類に与えうる「12の脅威」

気候変動で人類に"12の脅威"

気候大変動が地球と人類に与えうる「12の脅威」

地球に起こりうるさまざまな危機を予測してみます(写真:hocus-focus/iStock)

温暖化していく地球は、いまの生活をずっと続けていきたい私たちをどんな形で脅かすのか? どれほどの損失をあたえるのだろうか?

拙著『地球に住めなくなる日: 「気候崩壊」の避けられない真実』でも詳しく書いているが、ここにあげる12の脅威は、いまの時点で最大限、具体的に描ける未来図の一部だ。実際にはもっと悲惨かもしれないし、もちろん逆もありうる。

■殺人熱波、飢餓が世界を覆う?

1:頻発する殺人熱波

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、現状と二酸化炭素の排出ペースが変わらない場合、今世紀末までの平均気温の上昇幅を4℃と予測する。インドから中東の人口数百万規模の大都市では、夏の外出が命がけになる。上昇が2℃程度でも同じことが起きると考えられる。

現在、夏の平均最高気温が35℃に達する都市は世界に354カ所あるが、2050年には970に増え、8倍の16億人が生命にかかわる暑さにさらされる。仕事中に重い熱中症になる数も世界中で25万5000人になる予測だ。

いまでも10億人がヒートストレスを受け、総人口の3分の1が毎年少なくとも20日間は熱波で死ぬ危険にさらされている。気温の上昇を2℃未満に抑えても、2100年には生命の危険は総人口の半分にまで増えるだろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)