アメリカ発「低格付け債」ショックがやってくる

アメリカ発「低格付け債」ショックがやってくる

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、ニューヨークのタイムズスクエア周辺は人影もまばらだ(写真:ロイター/アフロ)

新型コロナショックは世界的な景気後退懸念を高め、NYダウが約3年ぶりに2万ドルを割り込むなど金融市場の大波乱が続いている。国債や金といった安全資産でさえ売られており、「現金がすべて」といった状況だ。

こうした中、アメリカの連邦準備制度理事会(FRB)は実質ゼロ金利、量的緩和政策を復活させ、トランプ政権も1兆ドルを超える規模の経済対策案を検討するなど、金融・財政政策を合わせて2兆ドル近い対策を打ち出した。

欧州、アジアなど他の金融・財政当局も同様に政策を総動員し始めており、本格的なグローバル金融危機となるのかが焦点だ。

各国の対策は効果を発揮するのか。UBS証券ウェルス・マネジメント本部で日本地域CIO(最高投資責任者)兼日本経済担当チーフエコノミストを務める青木大樹氏に聞いた。

【2020年3月24日11時54分追記】青木氏の肩書きを一部修正いたします。

■ハイイールド債が発する「危険信号」

――新型コロナショックが世界的な景気後退懸念と金融不安を高めています。

新規感染者数は中国、韓国で大きく減少してきたが、欧米では逆に急増し続けている。中韓から学ぶべきは「封じ込め政策」の重要性であり、欧米ともに封じ込め策を急速に厳しくしている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)