「世界大恐慌」今だからこそ響く忌まわしい歴史

「世界大恐慌」今だからこそ響く忌まわしい歴史

アメリカ・ニューヨークのタイムズスクエア周辺からは人がほとんどいなくなった(写真:REUTERS/Jeenah Moon)

新型コロナウイルスの感染拡大は、イタリア、フランス、ドイツ、アメリカといった先進国に飛び火し、各国の経済活動を大きく制限している。実体経済も金融市場も混乱を来し、リーマンショックを上回る経済危機になりそうなことがはっきりしてきた。ドナルド・トランプアメリカ大統領は、「ある意味で戦時の大統領になった」と宣言し、朝鮮戦争時に制定した「国防生産法」の適用にまで踏み込んできた。

現実に、アメリカ金融大手のゴールドマン・サックスは、2020年4〜6月期のアメリカのGDP成長率の見通しを、従来のマイナス5%からマイナス24%へと下方修正した。四半期単位のマイナス24%は過去最大だと報道されている。また、セントルイス地区連銀のブラード総裁は、GDPが4〜6月期にはマイナス50%、失業率も30%に達すると発言している。

もう「不況になる」「ならない」の問題ではない。

そもそも経済危機というのは、いくつかの段階がある。簡単におさらいしておこう。

・景気後退(Recession)……第2四半期連続でのGDP成長率がマイナス
・不況(Depression)……年10%前後のマイナス成長、あるいは3年以上のマイナス成長
・恐慌(CrisisまたはPanic)……不況の状況に金融危機が伴い、金融機関の貸し渋りと貸し剥がしなど「信用収縮」「信用崩壊」が伴う
・大恐慌(The great depression)……壊滅的な経済危機。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)