休館中サンリオピューロランドが話題沸騰の訳

休館中サンリオピューロランドが話題沸騰の訳

サンリオピューロランドが休館中の今、熱い視線を浴びる理由とは?(写真:筆者撮影)

■「ピューロランド」がTwitterでトレンド入り

3月23日、Twitterで「サンリオピューロランド公式」「ピューロランド」が突如トレンド入りを果たした。YouTube上の公式チャンネル「purolandJP」上に公開された、サンリオピューランド(東京都多摩市)のドキュメンタリー映像がきっかけだ。



映像の舞台となったのは、お客さんがいない、閑散とした施設内。照明をLED電球に交換したり、新メニューの開発をしたりするスタッフや、ショーのダンスを練習するサンリオキャラクターたち。その様子が、約1分半の動画にまとめられている。別途アップされたバージョンでは、館内を清掃にはげむサンリオキャラクターたちの姿も見られた。

普段は見ることができない、裏での仕事ぶり。「休んでたって、ここにいるよ」というタイトルどおりの、エモーショナルな映像となっている。SNSに慣れ親しんでいるネットユーザーの心をくすぐり、拡散を誘う構成だ。





ファンからは、「休んでたって、ここにいるよ。 ここでもう涙腺崩壊です」「いつでもみんなが快適に楽しく過ごせるように、こうやって準備して待っていてくれてるんだよね。ありがとう」といったコメントが相次いだ。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)