コロナビール「実売値」に見えた風評被害のウソ

コロナビール「実売値」に見えた風評被害のウソ

コロナビール店頭販売が急増

世界の状況はわからないが、日本においてPOSデータでコロナビールの店頭販売が影響を受けているかどうかはわかる。

結果を言えば、コロナビールはこのコロナ騒動で店頭販売をむしろ急増させており、それはビール全体の伸びをはるかに凌駕している。

筆者は5000万人規模の消費者購買情報を基にした、True Dataのデータ分析ツール「ドルフィンアイ」を使ってビール市場全体やコロナビール単独の売れ行きを調べてみた。主要な全国のスーパーの2018年3月12日〜2020年3月8日のPOSデータを抽出した。

(外部配信先ではグラフを全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)