原油相場の急落覚悟で動いたサウジの執念

原油相場の急落覚悟で動いたサウジの執念

小山氏は今後の動向について「ロシアが譲歩するか否かも注目だ」と述べた(撮影:尾形文繁)

2020年初めは1バレル60ドル台だった原油先物価格(WTI)は急落し、現在は20ドル台で推移している。

急落のきっかけは3月5〜6日に開かれたOPEC(石油輸出国機構)とロシアなどの産油国を含めたOPECプラスの会合だった。ここでの話し合いがまとまらず、原油価格を下支えしていた協調減産は2020年3月に終了する。

さらにOPECプラスの後、協調減産を進めてきたサウジアラビアが一転して増産を表明。原油価急落の背景にはアメリカ、ロシア、サウジといった各産油国の思惑が見え隠れする。

原油価格急落の原因と今後の展開について、日本エネルギー経済研究所の小山堅首席研究員に話を聞いた。


 ――原油価格が1バレル20ドル台で推移しています。日本にとっての影響をどう考えますか。

原油価格が下がると連動して値が決まる天然ガスも下がる。つまり、ガソリン代や電気代、ガス代が下がるため消費者にとっては喜ばしいことかもしれない。

しかし、産油国による価格戦争という側面があるにせよ、世界経済減速が原油価格の下押し要因となっていることを考えれば、単純に喜ばしいものだといえない。(価格の低迷が)長期化すれば石油収入に依存する産油国の経済が不安定化する。長い目で見た石油安定供給に影響が及ぶ可能性も考えられる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)