35歳シングルマザーがウルトラマンにすがる訳

35歳シングルマザーがウルトラマンにすがる訳

「ウルトラマン」のコレクションで埋め尽くされた部屋に息子と2人暮らし。なぜウルトラマンにハマったのでしょうか(撮影:川本 史織)

アイドル、女優、モデル、ミュージシャン、ダンサー、ライター、イラストレーター、漫画家――。日本最大の都市であり、多くの人とお金が集まる東京には「表現者」の女の子がたくさん集まっています。彼女たちはいったい何を夢見て、どのように生計を立て、どんな部屋で暮らしているのでしょうか。

女子部屋を撮り続ける川本史織の写真と、元地下アイドルで自らもライター業で生計を立てている姫乃たまが記す、「夢追い女子」のお宅訪問インタビュー第4回。

壁が見えなくなるほど「ウルトラマン」のコレクションで埋め尽くされている8畳の部屋。駅徒歩15分。キッチンがついた1Kの賃貸物件です。

デザイン会社に勤めるウルトラの母さん(35歳)は、小学校に上がる前の息子さんと、この部屋で寝食を共にしています。

「ウルトラマン」は親子共通の趣味。ウルトラの母さんはウルトラヒーロー、息子さんは怪獣が好きなので、コレクションはどんどん増える一方です。ソフビ人形だけでも約400体。飾りきれていないグッズも棚にぎっしり収納されています。

もともと「ウルトラマン」もスーパー戦隊シリーズにもさっぱり興味がなくて、できるだけ子どもにも見せないように育ててきました。

「キャラクター物の服はダサいと思ってて、着せていませんでした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)