「正社員が多い上場企業」ランキングTOP500

「正社員が多い上場企業」ランキングTOP500

「正社員が多い上場企業」ランキングTOP500

国際通貨基金(IMF)は4月14日、世界経済見通しを改定し、2020年の成長率予測をマイナス3.0%に引き下げた。世界経済の先行き不透明感から、日本企業でも今後、人員態勢を見直す動きも出てきそうだ。

東洋経済オンラインでは、全上場企業を対象に、従業員数の多い会社を調査。出所は各企業の2018年12月期〜2019年11月期の有価証券報告書の従業員の注記とした。有価証券報告書に示される従業員数には明確な定義がないものの、雇用契約で特別な取り決めなく雇用されている正社員数とイコールと考えられる。

またランキングでは5年前の正社員数と比較した増減率を掲載。人数が増加しているか減少しているかは、企業の活力をみる指標ともなる。同じ製造業でも業界によって明暗が分かれる結果となった。

ランキング上位には売上規模の大きなグローバル企業が目立つ。典型的なのが自動車メーカーだが、全世界で現地生産を進めているため、雇用者のすべてが国内の雇用ではない。なお、ランキングには非正社員数と非正社員比率についても併載した。

■自動車と電機で明暗

1位はトヨタ自動車。株式の時価総額・売上高・利益でトップの同社が、従業員数でも1位になった。全世界に37万0870人を抱え、5年前と比べても9.4%増加した。トヨタ自動車に関連する企業のランクインも多いため、同社が日本の雇用に与える影響が大きいことを感じさせる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)