「刑事ドラマ」歴代の名作が映し出す社会の変化

「刑事ドラマ」歴代の名作が映し出す社会の変化

「刑事ドラマ」は、時流に合わせて変化し続けています(写真:xiangtao / PIXTA)

黎明期から現在に至るまで、ドラマの主たるジャンルを形作ってきた「刑事」ドラマは、時代の潮流を敏感に捉えつつ、その表現領域を拡張してきた。近年のトレンドは定番の「刑事」から、警察組織のさまざまな構成員に至る登場人物の多様化だ。

今、刑事ドラマがテレビドラマ屈指の人気ジャンルであることは間違いない。いつもどこかのチャンネルで新作が放送されていると言ってもいいほどで、刑事ドラマがない状態を想像することなどもはや難しいくらいだ。その人気の理由として、まずは物語としてのわかりやすさがあるだろう。なんらかの事件が起こり、それを刑事が地道な捜査や華麗な推理の末に解決し、最後には犯人が逮捕される。そんな勧善懲悪を柱とする肩の凝らない娯楽作品として愛されてきた面は大きいはずだ。

だが刑事ドラマの歴史を紐解いてみると、実はそれほど話は単純ではない。勧善懲悪的な面はもちろんずっとあるにせよ、複雑な陰影を帯びた作品も少なくない。そして今やその複雑さの度合いはいっそう深まり、ひと括りにするのが難しく思えるほど刑事ドラマは多岐にわたるものになっている。ここではそうした変化の大筋を“「刑事」ドラマから「警察」ドラマへ”として捉えてみたい。以下、いくつかの作品をピックアップし、その時々のテレビや社会の状況にも目を配りながら、変遷をたどってみることにする。

■1960年代という原点に登場したドラマ

1959年の皇太子ご成婚などを機に、テレビが普及・発展期に入ろうとしていた61年10月、二つの刑事ドラマがほぼ同時に始まった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)