対韓輸出規制から1年、韓国が日本に「最後通牒」

対韓輸出規制から1年、韓国が日本に「最後通牒」

韓輸出巡り日本に"最後通牒"

対韓輸出規制から1年、韓国が日本に「最後通牒」

韓国政府は日本政府の輸出規制に対して「最後通牒」を発した。写真は2013年8月、韓国・釜山の港の風景(写真:ロイター/Lee Jae-Won)

韓国政府は5月12日、日本政府の輸出規制に関して、問題を解決するための方法と立場を5月末までに明らかにせよと日本側に要求した。具体的な期限を示したことで、韓国政府が日本に対して事実上の「最後通牒」を出したとの見方が広がっている。

日本は2019年7月から、半導体やディスプレイの主要素材となるEUV(極紫外線)用フォトレジストやフルオリンポリイミド、高純度フッ化水素など3品目について、韓国へ輸出する際には個別に許可をとるように規制を強化した。また、ホワイト国(輸出手続き優遇国、グループA)リストから韓国を除外するなど、厳しい輸出規制を現在も維持している。

■日本は輸出規制の原状復帰を

韓国・産業通商資源省のイ・ホヒョン貿易政策官は5月12日の記者会見で、「日本政府が輸出規制強化措置を発表してからまもなく1年を迎え、懸案の解決をこれ以上遅らせることはできない。5月末までに3品目とホワイトリストに関する問題を解決する方法について、日本側の具体的な立場を明らかにするよう促した」と述べた。

イ政策官は2019年12月と2020年3月に行われた日韓輸出管理政策対話において、韓国側の首席代表として出席、輸出規制問題について日本と議論をかわした。日本から出席した経済産業省の飯田陽一・貿易管理部長らとそれぞれ10〜16時間のマラソン会議となったものの、結論を出すことはできなかった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)