真面目な夫を「通り魔に変えた」脳疾患の大恐怖

真面目な夫を「通り魔に変えた」脳疾患の大恐怖

71歳男性を変えてしまった「脳の病」の恐ろしさとは?(bee/PIXTA)

すべての家族が手を取り合って暮らせるわけではない。中には夫婦や親子同士で激しくいがみ合い、争いの末に事件や裁判にまで発展してしまう家庭もある。本連載では傍聴ライターとして長年活動し続ける高橋ユキ氏が、裁判の傍聴を通じて見えた「家族が抱える問題」について紹介していく。

初冬の夜。寝静まる商店街で新聞配達をしていた男性のところに、白いセーター姿の女性が駆け寄ってきた。

「知らない男に刺された」

見ればセーターは血で赤く染まっている。男性はすぐに110番通報した。犯人と思しき「知らない男」はすでに見当たらなかったが、翌日には逮捕された。商店街に取り付けられていた20台以上の防犯カメラにより、その姿が捉えられていたのだった。

■犯人は71歳男性

2018年11月11日の午前3時半頃。横浜市神奈川区大口通の大口通商店街で会社員の女性(当時34)を刺した強盗殺人未遂の疑いから、神奈川県警は、近所の民家に住む無職・近江良兼(よしかね・当時71歳)を逮捕した。

通り魔による殺傷事件は、世の中に対する鬱憤を晴らすため、もしくは性的興奮を得るためといった動機が多いものだが、彼の目的は金だった。しかし、近江の家は金に困っているわけではなかった。事件から1年後に開かれた公判で、近江に金が必要だった理由と、長年連れ添った妻の苦悩が明らかになる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)