「濃厚接触」を検出するアプリを使うべき理由

「濃厚接触」を検出するアプリを使うべき理由

アップルとグーグルが、不特定多数の濃厚接触を検出、記録する仕組みを構築するプラットフォーム作りに取り組んでいる(写真:ロイター/Dado Ruvic)

スマートフォン市場を二分するアップルとグーグルは、新型コロナ対策で手を組むことを4月10日に発表した。アップルのiPhone、グーグルのAndroidの双方で共通する仕組みを導入することで、不特定多数の濃厚接触を検出、記録する仕組み、すなわち「Exposure Notification」(暴露通知)アプリを構築できるようにしようという取り組みである。

アップルとグーグルはアメリカ時間5月20日、このAPIの提供を開始し、日本を含む22カ国と、アメリカの多数の州政府当局が、このAPIへのアクセス権を受け取ったとしている。

世界のスマートフォンユーザーほぼすべての人が利用できるようになる、接触検出プラットフォームの仕組みについて、またセキュリティーやプライバシーの懸念について、考えていこう。

■「感染経路不明」

新型コロナウイルスとの戦いは、日本においては新たな局面に入った。大都市圏を除く多くの地域での緊急事態宣言が解かれ、いかにして日常生活を取り戻していくか?という段階に入った。

しかしながら、専門家会議では新しい生活様式が提唱され、引き続き人との距離を取る、クラスター発生が認められる場所を避ける、会食は横並び、といった新型コロナウイルスを警戒する「行動」を取り続けることが求められる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)