「YouTuberとして稼ぐ人」がなお自信満々のワケ

「YouTuberとして稼ぐ人」がなお自信満々のワケ

(写真提供:学研プラス)

2020年のはじめに、GoogleがYouTubeでの広告売り上げを発表した。前年比より36%増の150億ドル。Googleの全体売り上げの9%に相当する額となっている。広告費だけで堅調に稼ぎまくっている印象だ。逆に言うと、広告ビジネスぐらいでしか勝ち筋を見つけられていない、Googleの会社としての特性が表れていると思う。

Google+や、社独自のコミュニティサービスでは撤退せざるをえず、サブスクリプションも苦戦を強いられている。その辺りはAmazon.comが完全に上をいっているだろう。

とはいえ広告ビジネスでは、Googleは世界の覇権を取った。スマホ革命の最大の恩恵を受けたと言える。3Gから4G時代に進み、動画視聴の習慣はパソコンからスマホに移った。10分ぐらいの長い動画を見るのも、昔ほど苦ではなく、広告をはさみやすくなった。スマホが世界に浸透したことで、YouTubeを筆頭にしたGoogleの広告ビジネスは、盤石のものになった。

■5G時代へ、YouTuberにさらなる期待

YouTuberの躍進も、相関している。全世界のYouTuberたちの創意工夫がなければ、動画ビジネスのマーケットは成立しなかっただろうし、職業として認知されることもなかった。5G時代に向けて、彼らの活躍はさらに期待される。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)