「逃げ恥」の新垣結衣、何度見ても飽きない魅力

「逃げ恥」の新垣結衣、何度見ても飽きない魅力

"逃げ恥"再放送 人気衰えず

「逃げ恥」の新垣結衣、何度見ても飽きない魅力

何度も再放送を繰り返しているにもかかわらず、まったく人気が衰えない(写真:(C)TBS)

大ヒットドラマ「逃げ恥」こと「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系、2016年)の未公開映像などを交えた「逃げるは恥だが役に立つムズキュン!特別編」(火曜夜10時から)の放送が5月19日から始まった。未公開カットなどをプラスしたり、もともとあったカットを放送時間に合わせて一部圧縮したりするなどした手のこんだバージョンは、以前からのファンも大満足なものだった。本編のチーフ演出家・金子文紀が自ら編集したという。

■今回の再放送のほうが2016年よりも高視聴率

2016年の本放送で社会現象化するほどのブームを起こした「逃げ恥」はこの3年半、何度も再放送されていて、放送前には「さすがに飽きられているのでは?」という懸念もあったが、結果は11.0%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と好成績。本放送時の第1話の視聴率は10.2%で、再放送のほうが上回ったのである。

ここから先はネタバレを含むので注意していただきたい。第1話の内容はざっとこんな感じ。主人公・森山みくり(新垣結衣)は大学院まで出ながら就職難で派遣社員をやっていたが、その仕事すら派遣切りで失う。幸い父の紹介で、津崎平匡(星野源)という優秀なシステムエンジニアの家での家事代行サービスという新たな職を得る。

神経質でひとりが好きな(「プロの独身」と自称している)平匡はみくりの的確な仕事を気に入る。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)