ユニクロ、ジーユーがコロナ禍でも挑む変革

ユニクロ、ジーユーがコロナ禍でも挑む変革

6月5日にオープンする「ユニクロ 原宿店」 の一角には服ではなく、大量のディスプレイが陳列される(写真 ファーストリテイリング)

5月のゴールデンウイーク明け、東京都内のユニクロの路面店の前には長蛇の列があった。ゴム手袋を付けたスタッフが入店客一人ひとりの検温を行い、手指の消毒を依頼していた。

緊急事態宣言中だったにもかかわらず、新型コロナウイルス対策を徹底して、一部営業再開に踏み切ったユニクロ。その姿勢は、「コロナに負けていられない」という意思の表れのようにも映った。

新型コロナの感染拡大は、国内首位の衣料品ブランドであるユニクロにも容赦なく襲いかかった。

運営するファーストリテイリングによると、4月の国内ユニクロ事業の直営既存店売上高(ネット通販含む)は前年同月比43.5%と激減。既存店売上高の開示を始めた1996年9月以降、もっとも大きな落ち幅となった。都市部を中心に最大約4割の店舗が臨時休業したことに加え、外出自粛で衣服の需要自体が減少したことも響いた。

■17期ぶりの減収見通し

現在は緊急事態宣言の解除に伴い、大部分の店舗が営業再開にこぎ着けた。ただ、ユニクロ関係者は「外出を控える状況が続く限り、店が開いても売り上げは一気には戻らない。在庫の調整も必要で、しばらく厳しい業績が続くだろう」と話す。

もともとユニクロは2019年9月以降、記録的な暖冬でヒートテックなどの防寒衣料が売れず、ほとんどの月で既存店売上高の前年割れが続いていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)