テレワーク時代でも「名刺交換」が消えないワケ

これを会社全体で共有すれば、社員の人脈が可視化され、営業活動などに使えるというわけだ。

だがビジネスのやり取りがオンラインに移行したことで、初めて会う人との名刺交換が難しくなった。そこでSansanが考案したのが名刺の画像データをネット上で安全に交換する仕組みだ。名刺データをアップロードしたSansanユーザーは、オンライン名刺交換用のURLかQRコードを作成できる。これを事前にメールや「Zoom」などのビデオ会議ツール上のチャットで送ったりする。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)