「ACジャパンのCM」コロナ禍でも重宝される拠所

「ACジャパンのCM」コロナ禍でも重宝される拠所

コロナ禍にテレビCMも大きな影響を受けている(写真:0meer/iStock)

緊急事態宣言以降、社会・経済活動が制限を強いられるなかで、企業活動の重要なツールである「広告」にも大きな影響が出始めた。それに呼応して民間放送の収益基盤であるCMも、出稿中止などの事態が表面化している。

かつてはCMがテレビ画面から消えることは想像できなかった。ところが、昭和から平成で1日中1本のCMも流れないという「CM空白の日」が2回起こった。

1度目は大喪の礼。1989年1月7日〜8日の2日間。昭和天皇の逝去という大きな時代の変わり目に、テレビは粛々と特別番組を流し、すべての広告主がCMのオンエアを中止し喪に服した。

2度目は東日本大震災。2011年3月11日〜14日である。空前絶後の大震災と津波。すべての広告主がCMのオンエアを自粛した。CMを止めるのは広告主の意向だが、この2回の「CM空白の日」は、国民のほぼ全員が納得する緊急事態だったと言える。

■危機感がやっと出たのはクルーズ船の停泊から

さて、このたびの新型コロナウイルスの場合はどうだろう。違う現象が起こっていた。中国・武漢で新型コロナの感染が確認されたのは今年の1月7日。日本はこのニュースを「対岸の火事」と捉え、テレビ画面にはまだ正月広告や「東京2020」の支援CMが華々しく流れていた。

トヨタイムズ「豊田社長 車中取材」では、トヨタの豊田章男社長が意気揚々とクルマ愛を語り、ミツカン「未来ビジョン宣言」は、「やがて、いのちに変わるもの」という企業ビジョンを宣言し、アサヒスーパードライ「桜の下で、エール」は、もうすぐ訪れる満開の春と乃木坂46という華やかな世界を披露していた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)