「東京茨城」はマシ?遠すぎる都市名の空港・駅

「東京茨城」はマシ?遠すぎる都市名の空港・駅

茨城空港(写真:MASIA/PIXTA)

東京都心から100km近く離れている茨城空港が、訪日客へのPR強化を目的に海外向け愛称を新たに決定するにあたり、”Tokyo”の文字を入れるかどうかが大きな話題となった。

有識者会議の答申案は「Tokyo Ibaraki International Airport」だったものの、「東京の近隣にあるとの誤解を招く」といった県民らの反対が相次ぎ、結局6月5日に”Tokyo”を外した「Ibaraki International Airport」に決定した。

だが、海外では大都市の名前を冠しながら、とても近隣とは言えないような離れた場所に空港や駅があるという事例が少なくない。実際にどんな事例があるか、そしてなぜそのような名称を付けているのかを探ってみた。

■茨城空港、実は今も「東京」?

まず、「茨城空港」は海外から見るとどのような扱いになっているのだろうか?

同空港に乗り入れており、日本でもグループ会社が国内線を展開している中国の格安航空(LCC)春秋航空は、中国語の予約サイト上で出発地や目的地に「Tokyo」と入れると、成田・羽田だけでなく「茨城」も選択肢に表示されるようになっている。

春秋航空で日中間を行き来する中国人ビジネスマンに茨城空港の使い勝手について尋ねたところ、「東京駅からバスで90分ほどで行けるんだから、東京を名乗ってもいいのでは?」との答えが返ってきた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)