北朝鮮、連絡事務所「爆破」に出た本当の理由

北朝鮮、連絡事務所「爆破」に出た本当の理由

北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆破し、朝鮮半島の緊張が高まっている。写真は開城工業地域につながる橋上で警戒に立つ兵士(写真:ロイター/アフロ)

6月16日、北朝鮮は韓国に対して実力行使に出た。

北朝鮮の古都・開城市にある南北共同連絡事務所を爆破し、今後も軍事面での後続措置をとると発表した。爆破された連絡事務所は2018年に3回にわたって行われた南北首脳会談の合意によって設置された。いわば、南北融和の象徴的な存在だった。

今回、北朝鮮はなぜこのような強硬な措置に出たのか。これまでの北朝鮮の動きを見ると、2つの理由が見えてくる。1つは、現状を打開し、朝鮮半島情勢での主導権を握るという「実利」。もう1つは自国のプライドを傷つけられたという「感情」面での鬱憤の解消だ。

■韓国からのビラに強く反発

この2つは両極端のように見えるが、実はつながっている。感情面から考えてみよう。

16日の連絡事務所爆破は、4日に北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長が発表した談話でクローズアップされた。これに先立つ5月31日、韓国の脱北者を中心とした市民団体が北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長とその体制を批判する内容を記したビラを気球に乗せて散布した。金与正氏の談話は、これに強く反発するものだった。

北朝鮮の体制を批判するビラは、2003年ごろから北朝鮮に向けて散布され続けてきた。ビラだけでなく、アメリカドルや中国人民元の紙幣、時にはコメも一緒に散布されたことがある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)