コロナ明けに変化すべき「スポーツ指導」の現場

コロナ明けに変化すべき「スポーツ指導」の現場

高校野球の指導現場もコロナをきっかけに大きな変化が必要になっています。写真はイメージ(写真:m.Taira/PIXTA)

筆者は高校野球の夏の大会が中止になってから、リモートで何度か高校野球、中学以下の野球指導者に話を聞く機会があった。

中止が決定した直後は「かけてやる言葉がない」「立ち直れるか心配だ」といった類いの言葉が多かったが、最近はトーンが少し変わってきた。

ある中学野球の指導者は、こういった。

「今年、悔しい思いをした高校生の中から、将来、好投手がたくさん出てくるのではないですか?」

■今年の大会はほぼ「全休」になっている

今年の高校野球は、沖縄県を除いてほとんどの地区で「公式戦」を1試合も消化していない。対外試合もほとんどなかった。だから、投手はほとんど肩、ひじを使っていないはずだ。

今から1年ほど前、投手の健康問題は大きな話題になっていた。新潟県高野連が「球数制限」の導入を一度は決定したことで、全国の高校球界に波紋が広がり、日本高野連が「投手の障害予防に関する有識者会議」を招集するに至った。2019年4月26日には13人の有識者によって第1回の会合が開かれた。

紆余曲折を経て昨秋11月には「7日間で最大500球」という「球数制限」が導入された。投手の健康面を懸念する指導者からは「実質的な投げ放題じゃないか」という声があったが、一方で「球児が投げたいだけ投げさせるのが高校野球だ、伝統を破壊している」という声もあった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)