接触確認アプリ、エンジニアが無償開発した訳

接触確認アプリ、エンジニアが無償開発した訳

厚生労働省が配信を開始した新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の画面(記者撮影)

6月19日に厚生労働省が配信を開始した新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」。ダウンロード数は6月28日午後5時時点で約464万件に達した。

同アプリは、スマートフォンに搭載された近距離データ通信技術「Bluetooth(ブルートゥース)」を使い、スマホを持った人同士が一定以上の時間、近くにいたことを記録するアプリだ。

厚労省は今回、同アプリを幅広い機種のスマホで使えるようにするため、アメリカのアップルとグーグルが共同開発したブルートゥースによる接触確認の仕組み(「API」と呼ばれるアプリとOSの接続形式)を採用している。「国やアップル、グーグルに個人情報が筒抜けになる」といった声も出たが、個人情報が端末の外に出ないよう、細心の配慮がなされている。GPSで位置情報を取得するといったこともない。

■「接触確認」で個人情報はどうなる?

具体的な仕組みはこうだ。アプリをインストールし、ブルートゥース機能をオンにしたスマホで、10分ごとに「接触符号」と呼ばれる暗号化されたIDのようなものが生成される。他人のスマホが近づくと、符号を交換し、近くにいたことが記録される。厚労省はこのアプリの運用にあたり、連続して15分以上、半径1メートル以内に近接することを「濃厚接触」とした。

また、接触符号とは別に、1日に1度スマホで生成される「日次鍵」と呼ばれるIDもあり、これは過去14日分が端末内に保存される。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)