インフル予防がコロナ対策で取り沙汰される訳

インフル予防がコロナ対策で取り沙汰される訳

「第2波」に備えるためにあらゆることを検討していく必要がありそうだ(写真:amadank/PIXTA)

新型コロナウイルスの「第2波」への備えが議論され、PCR検査体制の強化や入院ベッドの確保の準備などの対策が進んでいる。

一方、こうした一連の議論の中で抜け落ちている対策がある。それはインフルエンザワクチンの接種だ。「なぜ、新型コロナウイルス対策にインフルエンザワクチンが必要なのか?」と疑問に思うかもしれない。ただ、一見すればインフルエンザと新型コロナウイルスは発熱や上気道症状を呈し、臨床症状では区別できないという問題がある。

インフルエンザと新型コロナウイルスは同時に感染することがあるし、抗原検査やPCR検査が陰性であったとしても感染が否定できない。今冬、インフルエンザと新型コロナウイルスが同時に流行するようなことがあったら、発熱患者がインフルエンザだったとしてもすべて新型コロナウイルス感染の可能性がある前提で取り扱わねばならなくなる。

日本の場合、これまでインフルエンザの罹患数は年間で1000万〜1400万人程度(推計ベース)にも及んできた。ピーク時には1日数万人単位で罹患する。

■今年はインフルの流行が抑えられた

6月24日、中国国家衛生健康委員会が、中国国内の1日あたりのPCRの検査能力を3月はじめの126万件から378万件まで拡大したと発表したのは、インフルエンザ流行を念頭においたものと考えられる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)