接触は減らせ!マックやワタミの壮大なる実験

接触は減らせ!マックやワタミの壮大なる実験

ワタミは宅配についてウーバーイーツから自前へと舵を切った。記者会見で説明する渡邉美樹会長兼CEO(右)とテリー伊藤氏(記者撮影)

ドライブスルーに宅配、スマホアプリ――。

5月25日に緊急事態宣言が全国で解除され、約1カ月が経過した。影響は多岐にわたったが、中でも外食業界は、外出自粛などによってかつてない強烈な逆風にさらされた業界だ。各社ともに「underコロナ」を脱し、今度は「withコロナ」を見据え、さまざまな戦略を打ち出している。

6月26日(金)発売の『会社四季報』(2020年3集夏号)では、上場企業全3778社に担当記者が業界に張り付いて1社1社取材し、独自の業績予想を掲載。外食企業の記事をめくっていくと、新型コロナウイルスの逆風を受けながらも、日々の事業運営に苦闘する様子がうかがえる。テイクアウトをはじめ、ここでは誌面に収まらなかった外食業界のさまざまな対策について、その一端を紹介したい。

■マックはスマホアプリで”渋滞知らず”

なんといってもコロナ禍では、ドライブスルーの利用が急増した。店内に入らずに商品を買うことができ、感染リスクを軽減することが効いたからだ。ただ、利用者の急増によって道路で渋滞が発生し、近隣住民の迷惑となることもあった。また多額の設備投資が必要になることや、スペース上の都合から、ドライブスルーを設置できていない店舗も多い。

そこで各社が活路を見いだそうとするのが駐車場だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)