京都の観光会社がコロナ禍の苦難に見た「糸口」

京都の観光会社がコロナ禍の苦難に見た「糸口」

観光の名所、京都もコロナの影響を大きく受けている(写真:NHK大阪放送局)

コロナショックの影響を大きく受けた産業の1つである、観光業界。移動自粛や渡航制限のあおりを受け、観光地からはにぎわいが消えた。近年の訪日外国人観光客(インバウンド)拡大は地域を活性化させ、幅広い産業に経済効果をもたらしていただけに、その喪失は痛手だ。

一方、観光業界では、新たなニーズを掘り起こす動きが、すでに始まっている。NHK大阪拠点放送局が制作する「ルソンの壺」では、7月5日の最新放送回(関西地域で7時45分〜8時25分)で、関西企業をリモートで取材し、withコロナ時代を想定した対応や対策について取り上げた。

登場したのはチェルカトラベル、ウエダ本社、ハムス(いずれも本社は京都府京都市)、ミツフジ(京都府精華町)、大阪バス(大阪府東大阪市)、枚方信用金庫(大阪府枚方市)、ナカニ(大阪府堺市)の7社。このうち経済ジャーナリストの三神万里子氏と司会の狩野史長アナウンサーが、京都を拠点として女性客をターゲットにする旅行会社、チェルカトラベルの井上ゆき子社長に聞いたインタビューを、番組本編に収まりきらなかった部分も含めてお届けする。

■国内の団体旅行が減るのは確実

三神万里子(以下、三神):県境を越える移動が解禁になり、観光需要も少しずつ回復していますが、井上社長は今後をどうご覧になっていますか。

井上ゆき子(以下、井上):国内のお客様のグループツアー(団体旅行)が減るのは確実です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)