中国最大級「貿易商談会」オンライン開催の実態

中国最大級「貿易商談会」オンライン開催の実態

今春の広州交易会は新型コロナの影響で、会期を2カ月遅らせたうえオンラインのみで開催された(写真は広州交易会の公式ウェブサイトより)

6月24日、史上初のオンライン開催となった中国最大級の貿易商談会「広州交易会」が10日間の会期を終えて閉幕した。

1957年に始まった広州交易会は正式名称を「中国輸出入商品交易会」といい、現在は春と秋の年2回開催されている。閉幕日には主催者が記者会見を開いて契約額などの成果を発表するのが慣例で、中国の輸出産業の景況感を測るバロメーターのひとつになっている。過去10回の広州交易会では、各回の出展企業数が約2万5000社、会場を訪れる海外のバイヤーは19万人前後、期間中の契約額は300億ドル(約3兆2000億円)前後だった。

しかし今回の広州交易会は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によりオフラインの開催を断念。会期を2カ月遅らせたうえでオンラインだけの開催となり、それでどこまで成約を伸ばせるかに注目が集まっていた。ところが主催者は閉幕日に記者会見を行わず、「広州交易会は全体として平穏に挙行され、期待に合致する成果を上げた」というプレスリリースを出しただけで、具体的な契約額などは公表しなかった。

■商談はオンラインでも契約は実物を見て

実際の状況はどうだったのか。出展企業の多くは、「オンラインだけで元々のオフラインの商談会を完全に代替するのは難しい」と口をそろえた。商品の宣伝や見込み顧客の獲得、初期段階の商談などはオンラインでも行える。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)